• ニコチン中毒から脱却できないなら助成を利用しよう

    ニコチン中毒は病気といえる症例です。禁煙すれば症状が改善しますが、禁煙をするには強烈なニコチン中毒と戦わなくてはいけません。禁煙ができないと嘆く方の多くは近年の助成があることをご存じない方が多いようです。ニコチン中毒は病院で治療ができます。治療といえば痛い思いをすると考える方も多いですが、投薬治療が基本ですし、体の変化をゆっくり実感できるので無理なく禁煙ができると言われています。ニコチン中毒は脳内で受容体がニコチンを求めてしまう症状です。そのため、各種薬剤を投薬することで受容体にニコチンが不要であることを教え込むことが行なわれます。禁煙外来で行われる助成は投薬治療のみではありません。カウンセリングが行なわれることが多く、精神的にも助成をしてくれます。カウンセリングは禁煙を続けるにあたって中毒症状とどう向き合うか、また、禁煙ができない場合に自分を責めるのではなく、できない理由をしっかり確認しながら改善させていくことです。中毒症状の改善は時間がかかる場合も多いです。急激な変化は体にとって負担が大きいため、投薬を開始してすぐに禁煙する必要はありません。投薬直後はタバコの本数もそのままで構いませんし、徐々に減らそうと考えるだけで良い場合が多いです。投薬ではニコチン対策の他に、タバコ自身を美味しく感じさせない効果があります。まずい物を毎回吸うのは辛いですから、投薬治療を受けた多くの方が自然とタバコの本数が減り、投薬治療が進めば禁煙が自然と出来たという方が多いです。ただし、投薬を途中で止めるとタバコを欲しくなってしまうので、しっかりと禁煙ができるようになるまでは投薬を続けていくことが大事になります