• 禁煙化会社に禁煙可能なニコチンを含まない治療薬

    世界的に禁煙の流れが進んでおり、喫煙による健康被害の認識は高められています。
    会社でも就業中の喫煙を禁止しているところが増えていて、禁煙運動が普及しています。
    たばこの被害に関しては喫煙者の他にも、周囲でたばこの煙を吸ってしまうことによる受動喫煙による健康被害も報告されています。
    会社は1日において長い時間を過ごす場所となりますので、禁煙化が勧められることが望ましいと言えます。
    日本では健康増進法が施行されており、受動喫煙を防止する措置を講ずるように努力する必要性があります。
    そのために会社では、労働者の環境を良くするために禁煙や分煙の努力を行っているケースが多いです。
    たばこにはニコチンが含まれており、習慣化しているときにはニコチン依存症という病気と診断されます。
    ニコチン依存症の場合には、簡単に禁煙することが難しく、たばこを吸うことを止めたときに切望感や離脱症状があらわれます。
    また、ニコチンを摂取していると、脳内の覚醒作用に影響を与えるために、禁煙した途端に眠気が強くなるなどの症状も見られます。
    これらのニコチンによる離脱症状と判断することができて、すぐに吸いたい気持ちになってしまうことで禁煙を簡単に挫折する人が多いと言えます。
    重度のニコチン依存症の治療法としては、禁煙補助剤のチャンピックスを用いる方法があります。
    チャンピックスはニコチンを含んでいない治療薬で、脳内で神経伝達物質を放出させることができるので、離脱症状を緩和させる働きがあります。
    そのために他の方法と比べたときに、簡単に禁煙を達成することが可能となることで注目されています。
    チャンピックスは病院で処方してもらうことが可能で、条件を満たしている医療機関であれば健康保険が適用されます。