電子タバコの一部からニコチン検出

電子タバコと言うのはタバコを吸う行動を、タバコに似た違うものを使うことによって、
禁煙を一歩成功に近づけさせる商品になります。

日本で発売されているもの多くの電子タバコからはニコチンが検出されることがありません。
なぜなら、電子タバコ自体はコンビニやホームセンターで買うことが出来る商品となっています。
それに対して、ニコチンは薬事法で指定されている特別な薬物の一種となります。
ニコチンが含まれているガムやパッチは一般にはドラッグストアや薬局で販売されています。
また、薬事法の規定により、専門的に取り扱うことができる資格である薬剤師や登録販売者が
店頭ではいないところでは販売することが出来ません。

このような事情もあって、日本で発売されている電子タバコにはニコチンが検出されることがありません。
なぜなら、タバコを止められないひとつにニコチンによる中毒症状が発生されるからという理由があげられます。
タバコを止められない原因である中毒症状をなくすためにも、
電子タバコにはニコチンが検出されるのはあまり良くないと言えます。

いくら日本で販売されている電子タバコには含まれてはいないと言えますが、
ほかの国で作られ、販売されている電子タバコにニコチンが入ってもいるものがあります。
しかも、輸入雑貨の通信販売のサイトではその含有量にもかかわらず、販売されていることが多いのです。
電子タバコにもかかわらず、ニコチンの量が従来のタバコより多く含まれている場合、
中毒は悪化してしまい、その電子タバコなしではいてもたってもいられないことが始まります。
禁煙を手助けするため存在する電子タバコが、このように中毒の悪化を手助けするのは
本末転倒と言えます。